« 地図とグラフ: 韓国における口蹄疫の流行(その7) 3/9~5/9 | トップページ | 震災後東京日記 4/4~5/8 »

2011年3月30日 (水)

米国FDA 「食品における放射性核種のガイダンス基準」とその導出

070901_manhattan_2

Photo (Top)  View from "Top of the Rock" , New York (ロックフェラーセンター屋上から、ロウアー・マンハッタン方面の眺め)

2012/4/3 @tokaiamaさんのツイート http://goo.gl/fDU5A に、「FDAガイダンス 1200ベクレル
と書いてあるが下の方に適用係数がある 実際には数十分の一以下になる。」
という記述がありますが、全くのデタラメです(念のため)。

FDA/ORA CPG 7119.14

Sec. 560.750 Guidance Levels for Radionuclides in Domestic and

Imported Foods (CPG 7119.14)  の試訳です。

アメリカ食品医薬品局(FDA) 統制問題事務局(ORA)

コンプライアンス政策ガイド 7119.14

Sec. 560.750 米国産及び輸入食品における放射性核種の

ガイダンス基準 (CPG 7119.14)

This guidance document represents the Food and Drug Administration’s (FDA’s)

current thinking on this topic. It does not create or confer any rights for or on any

person and does not operate to bind FDA or the public.

 このガイダンス文書は、この問題についてのアメリカ食品医薬品局(FDA)の現時点の

考え方を述べている。この文書は誰にとっても、また誰に対しても権利を生じたり、付与

したりするものではないし、FDAや公衆を動かしたり拘束するものではない。

I.INTRODUCTION

The purpose of this document is to present guidance levels for radionuclide activity

concentration, called derived intervention levels (DILs), which FDA has adopted to help

determine whether domestic food in interstate commerce or food offered for import into

the United States presents a safety concern. This Compliance Policy Guide (CPG)

rescinds and replaces CPG Sec. 560.750 Radionuclides in Imported Foods — Levels of

Concern (CPG 7119.14).

FDA's guidance documents, including this guidance, do not establish legally enforceable

responsibilities. Instead, guidances describe the Agency's current thinking on a topic and

should be viewed only as recommendations, unless specific regulatory or statutory

requirements are cited. The use of the word should in Agency guidances means that

something is suggested or recommended, but not required.

Ⅰ.前書き

 この文書の目的は、放射性核種の放射能濃度のガイダンス基準(指標とする基準)を

示すことにある。この基準は導かれた介入基準(DILs)と呼ばれるもので、FDAは、米国産

食品の州間取引や、海外からの食品の輸入が安心して行えるかどうかを決めるのを助ける

ために、基準を定めている。このコンプライアンス政策ガイド(CPG)の公布に伴い、今までの

CPG Sec. 560.750 輸入食品における放射性核種 - 懸念基準(CPG 7119.14 )は取り消され、

このCPGに置き換えられる。

 FDAのガイダンス文書は、このガイダンスを含み、法的強制力のある責任は生み出さない。

その代わりに、ガイダンスはあるトピックについての当機関の現時点の考えを述べている。

特定の規則や法廷によって要件が引用されない限りは、FDAのガイダンスは勧告としてのみ

受け取られるべきである。また、FDAのガイダンス内の「べきである(should)」という言葉は、

何かが提案、推奨されていることを意味し、要求されていることを意味しない。

II.BACKGROUND

In the Federal Register of June 25, 1986 (51 FR 23155), after the Chernobyl nuclear

accident, FDA issued a Compliance Policy Guide (CPG) Sec. 560.750 Radionuclides in

Imported Foods — Levels of Concern (CPG 7119.14) (hereinafter 1986 FDA guidance),

which establishes guidance levels called "Levels of Concern" (LOCs) for radionuclide

activity concentration in food offered for import. FDA staff considers the 1986 guidance

levels when deciding whether to recommend detention of food offered for import into

the United States. In the Federal Register of August 13, 1998(63 FR 43402), FDA

announced the availability of a new document entitled "Accidental Radioactive

Contamination of Human Food and Animal Feeds: Recommendations to State and Local

Agencies" (hereinafter 1998 FDA document). The 1998 FDA document provides broader

and more current information regarding radionuclides in food, and recommends new

guidance levels for radionuclide activity concentration in food called Derived

Intervention Levels, or DILs.

Ⅱ.背景

 チェルノブイリ核事故の後、1986年6月25日の連邦官報(51 FR 23155)の中で、FDAは

コンプライアンス政策ガイド(CPG)Sec. 560.750 輸入食品における放射性核種 - 懸念基準

(CPG 7119.14 )(以後「1986年FDAガイダンス」と呼ぶ)を公布した。この中で、輸入食品

についての放射性核種の放射能濃度の「懸念基準」(LOCs)と呼ばれるガイダンス基準

(指標とする基準)を定めた。FDAのスタッフは、1986年のガイダンス基準は、合衆国に

輸入される食品を差し止めるかどうかの推奨基準として定められたと考えている。

 1998年8月13日の連邦官報(63 FR 43402)の中で、FDAは「人間と動物の食品の、偶発的な

放射能汚染:州と各機関に対する勧告」(以後「1998年FDA文書」と呼ぶ)と題された新しい

文書も有効であると公布した。この1998年FDA文書は、食品における放射性核種についての

より広範で、より新しい情報を提供しており、導かれた介入基準(DILs)と呼ばれる、

放射性核種の放射能濃度の新しいガイダンス基準(指標とする基準)を勧告している。

III.DISCUSSION

In this CPG, FDA has adopted DILs that were recommended in the 1998 FDA document

as guidance levels for radionuclide activity concentration in food offered for import. FDA

also has adopted these same guidance levels for radionuclide activity concentration for

domestic food in interstate commerce. Previously, FDA had not established guidance

levels for radionuclide activity concentration for domestic food in interstate commerce.

In addition, the scope of coverage of the 1986 FDA guidance, which included food

accidentally contaminated with radionuclides, has been expanded in this CPG to food

that is accidentally or intentionally contaminated with radionuclides. These changes were

made to ensure that FDA staff has appropriate guidance to address an incident

involving food accidentally or intentionally contaminated with radionuclides, whether in

domestic interstate commerce or offered for import. This CPG rescinds and replaces

the 1986 guidance (i.e., CPG Sec. 560.750 Radionuclides in Imported Foods — Levels of

Concern (CPG 7119.14)). The 1998 FDA document is unaffected by this CPG.

Consistent with the terminology used in the 1998 FDA document, guidance levels for

radionuclide activity concentration in this CPG are called DILs. DILs is an internationally

used term that replaces the previous FDA term "Levels of Concern" (LOCs).

Ⅲ.議論

 本CPGで、FDAは、1998年FDA文書では勧告基準だった導かれた介入基準(DILs)を、

輸入食品の放射性核種の放射能濃度のガイダンス基準(指標とする基準)として適用した。

FDAはまた同じ基準を、米国産食品の州間取引における放射性核種の放射能濃度の

ガイダンス基準として適用した。これまでは、FDAは、米国産食品の州間取引における

放射性核種の放射能濃度のガイダンス基準(指標とする基準)を定めていなかった。

また、1986年FDAガイダンスがカヴァーする範囲には、偶発的な事故により放射性核種汚染

されるケースが含まれていたが、本CPDでは、偶発的な事故、または意図的に放射性核種汚染

された食品に対するものへと拡張された。これらの変更は、FDAのスタッフがガイダンスを、

偶発的または意図的な放射性核種による食品汚染事故や、州間取引や輸入に対応するのに

適用できることを明確にできるようにと行われたものだ。

 本CPDは1986年のガイダンス(すなわち、CPG Sec. 560.750 輸入食品における放射性核種

- 懸念基準 (CPG 7119.14))を取り消し、これに置き換える。1998年FDA文書は、このCPD

によって影響を受けず有効である。1998年FDA文書で用いられた専門用語との一貫性を保つ

ため、この文書における放射性核種の放射能濃度のガイダンス基準はDILsと呼ばれる。

「導かれた介入基準」(DILs)は、以前のFDA用語「懸念レベル」(LOCs)に置き換わった

国際的に使われている用語である。

IV.REGULATORY ACTION GUIDANCE

FDA uses DILs to help determine whether domestic food in interstate commerce or food

offered for import into the United Statespresents a safety concern. Analytical methods

used to determine radionuclide activity concentration are referenced in FDA’s

Compliance Program entitled "Toxic Elements in Food and Foodware and Radionuclides

in Food" which is available on FDA’s website at www.fda.gov FDA determines whether

foods contain unsafe levels of radionuclides on a case-by-case basis, considering the

totality of the circumstances and the extent to which those circumstances depart from

the assumptions that underlie the derivation of DILs. The DILs adopted in this CPG are

not binding on FDA, the regulated industry, or the courts. In any given case, FDA may

decide to initiate an enforcement action against food with concentrations below the

DILs or decide not to initiate an enforcement action against food with concentrations

that meet or exceed the DILs. A district is to contact CFSAN/Office of

Compliance/Division of Enforcement (HFS-605) for a preliminary assessment regarding

the use of a DIL in a given case. The DILs that FDA may use to help determine whether

foods contain unsafe levels of radionuclides are listed in the following table:

Ⅳ.規制実行ガイダンス(指標)

 FDAは導かれた介入基準(DILs)を、米国産食品の州間取引や、海外からの食品の輸入が

安心して行えるどうかを決めるのを助けるために用いている。放射性核種の放射能濃度を

決めるための分析方法は、「食品と食器中の毒物と食品中の放射性核種」と題されたFDAの

コンプライアンス・プログラムに記されており、FDAのウェブサイト http://www.fda.gov

から読むことができる。FDAは、食品が安全でないレベルの放射性核種を含んでいるかどうか

の決定は、基本的にケースバイケースで判断している。状況を総合的に判断し、DILs基準が

導かれた根底にある前提条件から出発して、総合的な状況の広がりにより判断する。

このCPGで採用されたDILs基準は、FDAも、規制産業も、法廷も拘束するものではない。

いかなる場合でも、FDAは、DILs基準値以下の食品に対しても執行行為の開始を決定

するかもしれないし、DILs基準値を満たすか、超えるような食品に対しても執行行為を

行わないと決定するかもしれない。個別の事例に対するDIL基準適用の考え方の予備的な

評価については、各地方の食品安全応用栄養センター(CFSAN)法令遵守調査局

監視課(HFS-605)に問い合わせのこと。FDAが、食品が安全でないレベルの放射性核種を

含んでいるかどうかという決定に使う可能性のあるDILs基準の表を、以下に示す:

Derived Intervention Levels (DILs) for Each Radionuclide Group

for Food in Domestic Commerce and Food Offered for Import (a) (b)

Dils_en

(a)The DIL for each radionuc lide group is applied independently. Each DIL applies to the

sum of the concentrations of the radionuclides in the group at the time of measurement.

(b)Applicable to foods as prepared for consumption. For dried or concentrated products

such as powdered milk or concentrated juices, adjust by a factor appropriate to

reconstitution, and assume the reconstitution water is not contaminated. For spices,

which are consumed in very small quantities, use a dilution factor of 10.

(c)Due to the large differences in DILs for Ruthenium-103 and Ruthenium-106,

the individual concentrations of Ruthenium-103 and Ruthenium-106 are divided by their

respective DILs and then summed. The sum must be less than one. C3 and C6 are the

concentrations, at the time of measurement, for Ruthenium-103 and Ruthenium-106,

respectively.

導かれた介入基準(DILs)

国内商取引と輸入食品に対する、各放射性核種グループごとの表 (a) (b)

Dils

(a) 各放射性核種グループに対して、DIL基準は独立して用いる。

  それぞれのDIL基準は、同時に測定された放射性核種グループの個々の濃度の和に用いる。

(b) 食品が消費される状態に対して適用する。

  粉ミルクや濃縮果汁のような乾燥・濃縮食品の場合は、戻した場合の適切なファクター

  を適用し、戻す場合に使う水は汚染されていないと仮定する。スパイスのように、

  少量しか使われないものは、希釈度10倍のファクターを用いる。

(c) DILs基準において、ルテニウム103とルテニウム106は大きく異なるため、

  ルテニウム103とルテニウム106の放射性の濃度をそれぞれのDILs基準値で割り、

  そのあと合計する。ルテニウムグループのDIL基準はこの合計が1以下となる。

  C3とC6は放射性の濃度で、ルテニウム103とルテニウム106をそれぞれ測定する。

SPECIMEN CHARGES:

For legal actions based on analytical determination that radionuclides are present in the food:

Domestic seizure:

The article is adulterated within the meaning of 21 U.S.C. section 342(a)(1) in that it

bears or contains an added poisonous or deleterious substance, namely radionuclides,

which may render the article injurious to health.

Import detention:

The article is subject to refusal of admission pursuant to 21 U.S.C. section 381(a)(3),

in that it appears to be adulterated within the meaning of 21 U.S.C. section 342(a)(1)

because it bears or contains an added poisonous or deleterious substance, namely

radionuclides, which may render the article injurious to health.

For legal actions based on evidence that the situation or environment associated with

the food may have caused the food to be contaminated with radionuclides:

Domestic seizure:

The article is adulterated within the meaning of 21 U.S.C. section 342(a)(4) because it

was prepared, packed, or held under insanitary conditions in which contamination with

radionuclides may have rendered the article injurious to health. 

Import detention:

The article is subject to refusal of admission pursuant to 21 U.S.C. section 381(a)(3),

in that it appears to be adulterated within the meaning of 21 U.S.C. section 342(a)(4)

because it was prepared, packed, or held under insanitary conditions in which

contamination with radionuclides may have rendered the article injurious to health.

法的処分の雛型:

法的な対応は、食品中に放射性核種が存在するという分析に基づいて行われる:

国産食品の差し押さえ:

21 U.S.C. section 342(a)(1) の意味で汚染されている商品。

この場合、商品は放射性核種と呼ばれる余分な有毒物質を帯びるか、含んでおり、

これによって商品は健康を害する物に変わっているかもしれない。

輸入の差し止め:

21 U.S.C. section 381(a)(3)に従い、輸入の差し止め措置を受けた商品。

商品は 21 U.S.C. section 342(a)(1)の意味で汚染されていると見られている。

この場合、商品は放射性核種と呼ばれる余分な有毒物質を帯びるか、含んでおり、

これによって商品は健康を害する物に変わっているかもしれない。

法的な対応は、食品に関する状況や環境が、食品に放射性核種の汚染を引き起こした

可能性があるという証拠に基づいて行われる:

国産食品の差し押さえ:

21 U.S.C. section 342(a)(4) の意味で汚染されている商品。

すなわち、商品は非衛生な状況で製造、包装され、放射性核種によって汚染され、

これによって商品は健康を害する物に変わっているかもしれない。

輸入の差し止め:

21 U.S.C. section 381(a)(3)に従い、輸入の差し止め措置を受けた商品。

商品は 21 U.S.C. section 342(a)(4)の意味で汚染されていると見られている。

すなわち、商品は非衛生な状況で製造、包装され、放射性核種によって汚染され、

これによって商品は健康を害する物に変わっているかもしれない。

(注: 21 U.S.C. は、連邦食品・医薬品・化粧品法 Federal Food, Drug, and Cosmetic Act (FFDCA)

 この法令のフルテキストは こちら(Cornell Univ.) ) 

(注: SPECIMEN CHARGES を法律の専門家がどう訳しているのかわからないが、

 ある物や行為が、どのような法に触れるかを列挙する、といった意味のようだ。)

This guidance has been prepared by the Office of Plant and Dairy Foods in the Center

for Food Safety and Applied Nutrition (CFSAN) at the U.S. Food and Drug Administration.

 本ガイドラインは、アメリカ食品医薬品局(FDA) 食品安全応用栄養センター(CFSAN)

植物・乳製品課(OPDF)により作成された。

NOTE 1

Derived Intervention Levels (DILs)を、ここでは「導かれた介入基準」と訳したが、

決まった訳語があるのかどうかわからないので、ご存じの方はご教授ください。

DILs の導出方法については、2004年の補助文書

Supporting Document for Guidance Levels for Radionuclides in Domestic and

Imported Foods (Jan 2004)

http://www.fda.gov/OHRMS/DOCKETS/98fr/03d-0558-bkg0001.pdf (←pdf)

の、Appendix に記載がある。こちらの試訳を引き続き以下に示す。

こちらを読むと、基準の考え方や、年齢によるリスクの違いが良くわかると思う。

070901_central

Photo   View from "Top of the Rock" , New York (ロックフェラーセンター屋上から、セントラルパーク方面の眺め)

Supporting Document for Guidance Levels for Radionuclides in Domestic and Imported Foods

[Docket No. 2003D-0558]

Prepared July 2004

Food and Drug Administration

Center for Food Safety and Applied Nutrition

Office of Plant and Dairy Foods and Beverages

米国産及び輸入食品における放射性核種のガイダンス基準の補助文書

[Docket No. 2003D-0558]

2004年6月作成

アメリカ食品医薬品局(FDA) 食品安全応用栄養センター(CFSAN)

植物・乳製品・飲料課(OPDFB)

I. Introduction

Ⅰ.イントロダクション (省略)

II. Protective Action Guides

The calculation of guidance levels for radionuclide activity concentration in food depends

in part on Protective Action Guides (PAGs). PAGs are radiation dose levels to an

individual at which protective action should be considered to limit the radiation dose to

that individual. PAGs were previously defined in the1982 FDA document as "projected

dose commitment values to individuals in the general population that warrant protective

action following a release of radioactive material." In this context, the phrase "dose

commitment" refers to the radiation dose received by an individual. The PAGs contained

in the 1982 FDA document were developed from the prevailing scientific understanding

of the relative risks associated with radiation as described in the 1960 and 1961 reports

of the Federal Radiation Council (FRC 1960, 1961). The 1982 FDA guidance document

established two levels for PAGs. The lower level, called the Preventative PAG, was a

projected dose commitment of 5 mSv to the whole body, active bone marrow, or any

other organ except the thyroid, or a projected dose commitment of 15 mSv to the thyroid.

The upper level, called the Emergency PAG, was a projected dose commitment of

50 mSv to the whole body, active bone marrow, or any other organ except the thyroid,

or a projected dose commitment of 150 mSv to the thyroid.

Ⅱ.防護処置指針

 食品における放射性核種の放射能濃度のガイダンス基準(指標とする基準)の算定は、

その一部を防護処置指針(PAGs)に依っている。防護処置指針(PAGs)は、個人の受ける

放射線量についての指針で、個人の受ける放射線量は、防護処置によって、この指針の

線量までに制限されると考えられるべきである。PAGs指針は、以前は1982年の

FDA文書において、「放射性物質の放出後に、防護処置が保証する公衆の一個人が

受けると予測される線量預託値」と定義されていた。このコンテクストにおいて、

「線量預託(dose commitment)」という言葉は個人が受ける放射線の量を指す。

1982年のFDA文書におけるPAGs指針は、連邦放射線審議会の1960年と1961年のレポート

(FRC 1960, FRC 1961)でのべられた、放射線に関する相対的なリスクの科学的知見の

広まりを受けて発展させたものである。1982年のFDAのガイダンス文書では、PAGs指針

として2つの水準を定めている。低いほうの水準は、予防的PAG指針と呼ばれ、全身、

活性骨髄、および甲状腺以外の全ての臓器について、予想される線量預託として

5 mSv、甲状腺における予想される線量預託として 15 mSvが指針値だった。高い方の

水準は、緊急的PAG指針と呼ばれ、全身、活性骨髄、および甲状腺以外の全ての臓器に

ついて、予想される線量預託として 50 mSv、甲状腺における予想される線量預託として

150 mSvが指針値だった。

The 1998 FDA document redefined a PAG as the "committed effective dose equivalent(1)

or committed dose equivalent(2) to an individual organ or tissue that warrants protective

action following a release of radionuclides." The 1998 FDA document replaced the

Preventative and Emergency PAGs with one set of PAGs for the ingestion pathway.

The PAGs established in the 1998 FDA document are 5 mSv for committed effective

dose equivalent or 50 mSv committed dose equivalent to an individual tissue or organ,

whichever is more limiting (i.e., the most limiting PAG results in the lowest level of

radionuclide activity concentration in food).

 1998年のFDA文書では、PAG指針を「放射性核種の放出後に、防護処置の保証する

預託実効線量(1)、またはある臓器や組織の預託等価当量(2)」と定義し直した。

1998年のFDA文書は、予防的PAG指針と緊急的PAG指針を、摂取経路による一組のPAGs

指針に置き換えた。1998年のFDA文書では、防護処置指針(PAGs)は、預託実効線量

として、5 mSv、または、ある臓器や組織の預託等価線量として 50 mSv とされ、

いずれかの制約がより強くなる(すなわち、より制約の強い方のPAG指針が、食品に

おける放射性核種の放射能濃度の最も低い基準を与える)。

For 5 mSv committed effective dose equivalent (the PAG adopted in the new CPG),

the associated lifetime total cancer mortality would be 2.25 x 10-4 or approximately 1 in

4400. For comparison, the estimate of the normal lifetime total cancer mortality in the

United States for the general population, not associated with additional radiation dose

from ingestion of food contaminated with radionuclides, is 0.19 or approximately 1 in 5

(CIRRPC 1992). Thus, in a general population of 10,000 individuals, the number of cancer

deaths over the lifetime of the individuals would be 1990; if each received a committed

effective dose equivalent of 5 mSv, the number of cancer deaths over the lifetime of

the individuals could increase in theory by about 2, for a total of 1992 cancer deaths.

 預託実効線量で 5 mSv の放射線を受けた場合(新しいCPGで採用されたPAG指針値)、

一生涯において全ての癌によって死亡する確率は 2.25 × 10のマイナス4乗高くなる。

言い換えると、4,400人に1人の割合で増える。比較のために言えば、合衆国の一般的な

公衆の場合、放射性核種で汚染された食品の摂取による追加の放射線量がない場合、

一生涯において全ての癌によって死亡する確率は 0.19、つまり約5人に1人である

(CIRRPC 1992年)。つまり、1万人の一般的な集団において、全生涯における癌に

よる死亡者数は 1,990人となる。そしてもし、全ての個人が預託実効線量で 5 mSvの

放射線を受けたと仮定すると、全生涯における癌による死亡者数は理論上 2人増え、

全体で 1,992人となる。

The numerical estimate of cancer deaths presented above for the recommended PAG

of 5 mSv was obtained by the practice of linear extrapolation from the nominal risk

estimate for lifetime total cancer mortality for the general population at 100 mSv dose

equivalent in the whole body.(3) Other methods of extrapolation to the low-dose region

could yield higher or lower numerical estimates of cancer deaths. Studies of human

populations exposed at low doses are inadequate to demonstrate the actual magnitude

of risk. There is scientific uncertainty about cancer risk in the low-dose region below the

range of epidemiological observation, and the possibility of no risk cannot be excluded

(CIRRPC 1992).

 上述の、勧告されたPAG指針 5 mSvの場合の癌死亡者数の予測数は、全身に 100 mSvの

線量当量の放射線を受けた一般母集団の、全生涯における全ての癌によって死亡する

確率の公称リスク推定値を直線外挿することにより得ている(3)。低線量域への他の

外挿の方法を用いれば、癌死亡者数の予測値は上下するかもしれない。低線量下に

さらされた人間の集団についての研究は、リスクの実際の大きさを証明するのに

妥当ではない。疫学的に観察できる範囲より下の低線量領域における癌のリスクに

ついては科学的に不確実性があり、リスク・ゼロの可能性も排除できない(CIRRPC 1992年)。

The term "PAG" is used by FDA and other Federal and state agencies. International

organizations use the term "intervention level of dose" (ICRP 1984b). The PAGs

established in the 1998 FDA document and adopted in this supporting document are the

same as the intervention levels of dose used by international organizations. The 1998

FDA guidance and this supporting document retain use of the term "PAG" for

consistency with other U.S. Federal and state agencies.

 「防護処置指針(PAG)」という用語はFDA他の合衆国連邦および州の機関によって

用いられている。国際機関では、「介入線量基準(intervention level of dose)」を

用いている(ICRP 1984b)。1998年のFDA文書で定められ、この補助文書で採用されている

防護処置指針(PAGs)は、国際機関で使用されている介入線量基準と同じものである。

1998年のFDAガイダンスとこの補助文書では、他の合衆国連邦および州の機関との用語の

一貫性を保つため、「防護処置指針(PAG)」という用語を用い続けている。

(1) Committed effective dose equivalent - Committed dose equivalents to individual

organs or tissues, multiplied by weighting factors, then summed. In this document, 

committed effective dose is always computed to age 70 years (ICRP 1984a).

(1) 預託実効線量 - 被ばくした個人の臓器や組織の等価線量に、それぞれの組織荷重係数

を掛けて、合計する。この文書においては、預託実効線量はすべて70歳まで計算されている。

(ICRP 1984a)

(2) Committed dose equivalent - The dose equivalent accruing in an organ or tissue up

to a specified number of years after the intake of a radionuclide into the body. In this

document, committed dose equivalent is always computed to age 70 years (ICRP 1984a).

(2) 預託等価線量 - 体に放射性核種が取り込まれてから、一定の年数にわたって

特定の臓器や組織に対して生じる線量当量。この文書においては、預託等価線量は

すべて70歳まで計算されている。(ICRP 1984a)

(3) The current nominal estimate for the general population for lifetime total cancer

mortality for low-LET (linear energy transfer) ionizing radiation, delivered at low doses

and low dose rates, is 4.5 x 10-3 for a reference dose equivalent in the whole body of

100 mSv (CIRRPC 1992).

(3) 現在の、一般母集団における、全生涯における全ての癌によって死亡する確率の

推計値は、低LET(線エネルギー付与)の電離放射線により、低線量で低線量率の

放射線を、全身に 100 mSv の線量当量受けた場合の確率、4.5×10のマイナス3乗を

参照値としている。(CIRRPC 1992年)

  (注: 低線量被ばくが人体に与える影響については、もっと厳しい説/推計もあり、

   必ずしも合意があるわけではない。それについてはこちらのエントリーにリンクをまとめた。)

III. FDA's Guidance Levels for Radionuclide Activity Concentrations in Food

Established in 1986

Ⅲ.1986年に出されたFDAの食品における放射性核種の放射能濃度の

  ガイダンス基準 (省略)

IV. FDA's 1998 Guidance Levels for Radionuclide Activity Concentration in

Food Adopted in the CPG

Ⅳ.コンプライアンス政策ガイド(CPG)に採用された、1998年のFDAの

  食品における放射性核種の放射能濃度のガイダンス基準 (省略)

V. Appendix -- Derivation of Recommended Derived Intervention Levels

The Derived Intervention Level (DIL) for a specific radionuclide is calculated as follows:

    DILs (Bq/kg) = [PAG (mSv)] / [f x FI (kg) x DC (mSv/Bq)]

Where:

DC = Dose Coefficient; the radiation dose received per unit of radionuclide activity

ingested (mSv/Bq)

f = Fraction of the food intake assumed to be contaminated

FI = Food Intake; the quantity of food consumed in an appropriate period of time (kg)

The Protective Action Guides (PAGs) used are 5 mSv committed effective dose

equivalent, or 50 mSv committed dose equivalent to individual tissues and organs,

whichever is more limiting.

Dose coefficients (DCs) are given in Table 3 and food intakes are given in Tables 4 and 5.

The fraction of food intake assumed to be contaminated (f) equals 0.3, except for I-131

in infant diets where f equals 1.0.

Ⅴ.付録 -- 導かれた介入基準の推奨値の導出

ある放射性核種についての、導かれた介入基準(DIL)は、以下により計算される。

  導かれた介入基準(DILs)(Bq/kg) = PAG(mSv) [ f × FI(kg) × DC(mSv/Bq) ]

この式で:

DC = 線量係数; 単位当たりの摂取した放射性核種の放射性から受け取る放射線量 (mSv/Bq)

f  = 汚染されたと推定される食品を摂取する割合

FI = 食品摂取量; ある期間の食品の消費量 (kg)

防護処置指針(PAGs)は、預託実効線量の限度としては 5 mSv を用い、組織や

臓器の預託等価線量の限度としては、50 mSv を用いる。いずれかがより厳しくなる。

線量係数(DCs)は、表3に示す。 食品摂取量(FI)は、表4と表5に示す。

汚染されたと推定される食品を摂取する割合(f)は 0.3 とするが、幼児の食品の

ヨウ素131については、f は 1 とする。

(a) Radionuclides

Based upon data on radionuclides in human food following the Chernobyl accident, DILs

for I-131, Cs-134, Cs-137, Ru-103 and Ru-106 would apply following incidents involving

nuclear reactors. For incidents at nuclear fuel reprocessing facilities and nuclear waste

storage facilities, DILs for Sr-90, Cs-137, Pu-239, and Am-241 would apply. For nuclear

weapons incidents and incidents involving radioisotope thermal generators (RTGs) and

radioisotope heater units (RHUs) used in space vehicles, DILs for Pu-239 and Pu-238,

respectively, would apply. The selection of these radionuclides as the major contributors

to radiation dose through ingestion is consistent with recommendations on DILs

published by NEA, WHO, CODEX, and CEC (NEA 1989, WHO 1988, CODEX 1989, CEC

1989a, IAEA 1994).

(a) 放射性核種

 チェルノブイリ事故後の食品中の放射性核種のデータに基づき、原子炉事故の場合の

DILs規準は、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、ルテニウム103、ルテニウム106

について適用する。 再処理工場と核廃棄物保管施設の事故の場合、DILs基準は、

ストロンチウム90、セシウム137、プルトニウム239、アメリシウム241について適用する。

核兵器の事故と、宇宙船で使われる放射性同位体熱電発電機(RTGs)や放射性同位体

ヒーターユニット(RHUs)の事故の場合は、DILs規準は、プルトニウム239とプルトニウム238の

それぞれに適用する。 摂取した場合の放射線量について、どの放射線核種の役割が

大きいかというここでの選択は、NEA, WHO, CODEX, CEC で出しているDILs推奨基準

(NEA 1989, WHO 1988, CODEX 1989, CEC 1989a, IAEA 1994) でも同じである。

(b) Age Groups and Dose Coefficients (DCs)

The general population was divided into six age groups ranging from infants to adults and

corresponding to the age groups in ICRP Publication 56 (ICRP 1989) for which ICRP has

published DCs. The age groups are 3 months, 1 year, 5 years, 10 years, 15 years, and

adult. The radionuclides, age groups and dose coefficients used in the calculations are

presented in Table 3.

(b) 年齢グループと線量係数(DCs)

 人口全体を幼児から成人までの6つの年齢グループに分ける。この年齢グループは、

ICRP(国際放射線防護委員会)による線量係数(DCs)の公表: ICRP Publication 56

(ICRP 1989年)に対応している。年齢グループは、3ヶ月、1歳、5歳、10歳、15歳、成人。

計算に用いる放射性核種、年齢グループごとの線量係数(DCs)を、表3に示す。

(c) Food Intake

Food intake included all dietary components including tap water used for drinking, and is

the overall quantity consumed in one year, with exceptions in the period of time for I-

131 (T1/2 = 8.04 days) and Ru-103 (T1/2 = 39.3 days). For these radionuclides, the

quantities consumed were for a 60-day period and a 280-day period, respectively, due

to the more rapid decay of these radionuclides. The intake periods for I-131 and Ru-103

are the nearest whole number of days for decay of these radionuclides to less than 1%

of the initial activities.

Dietary intakes were derived from a 1984 EPA report which presented average daily

food intake by age and gender (EPA 1984a, EPA 1984b). The EPA intakes were based on

data from the 1977-1978 Nationwide Food Consumption Survey published by the U. S.

Department of Agriculture (USDA 1982, USDA 1983). The age groups and annual dietary

intakes for various food classes and the total, calculated from data in the EPA report,

are given in Table 4. The dietary intakes derived for the ICRP age groups for which DCs

are available, using the results in Table 4, are presented in Table 5.

(c) 食品摂取量

 食品摂取量には、飲料に用いた水道水を含む、すべての食物が含まれ、1年間に消費される

すべての量とする。但し、ヨウ素131(半減期8.04日)とルテニウム103(半減期39.3日)に

ついては、別の期間を適用する。この2つの放射性核種については崩壊の速度が速いため、

それぞれ、60日間で消費する量、280日間で消費する量とする。ヨウ素131とルテニウム103に

ついての食品摂取期間は、これらの放射性核種の放射能が、崩壊により当初の放射能の

1%となるまでのおよその日数である。

 食品摂取量は、1984年の合衆国環境保護庁(EPA)の報告書から導出している。この報告書は

年齢と性別ごとの平均食品摂取量を報告している(EPA 1984a, EPA 1984b)。EPAの摂取量は

1977年から1978年に全米で行われた食品消費量の調査データに基づくもので、この調査は

合衆国農務省から出版されている(USDA 1982, USDA 1983)。EPA報告書のデータから

計算された、年齢グループごとの様々な食品の年間摂取量の合計を、表4に示す。

線量係数(DCs)で使われている、ICRPの年齢グループごとの食品摂取量は、表4の結果

を用いて、表5のようになる。

(d) Fractions of Food Intake Assumed to be Contaminated

For food consumed by most members of the general public, ten percent of the dietary

intakes was assumed to be contaminated. This assumption recognizes the ready

availability of uncontaminated food from unaffected areas of the United States or

through importation from other countries, and also that many factors could reduce or

eliminate contamination of local food by the time it reaches the market.

Use of ten percent of the dietary intake as the portion contaminated was consistent

with recommendations made by a Group of Experts to the Commission of the European

Communities (CEC 1986a) and by the Nuclear Energy Agency (NEA) of the Organization

for Economic Cooperation and Development (NEA 1989). The NEA noted that

modification of this value would be appropriate if justified by detailed local findings.

FDA applied an additional factor of three to account for the fact that sub-populations

might be more dependent on local food supplies. Therefore, during the immediate period

after a nuclear accident, a value of 0.3 (i.e., thirty percent) is the fraction of food intake

presumed to be contaminated. If, subsequently, there is convincing local information that

the actual fraction of food intake that is contaminated (f) is considerably higher or

lower, there will be adequate time to determine whether to adjust the value of f (and

therefore adjust the values of the DILs) for the affected area.

For infants, (i.e., the 3-months and 1-year age groups) the diet consists of a high

percentage of milk and the entire milk intake of some infants over a short period of time

might come from supplies directly impacted by an accident. Therefore, f was set equal

to 1.0 (100%) for the infant diet.

(d) 汚染されたとみなされる食品を摂取する割合

 一般公衆の大部分については、消費される食品について、食物摂取量のうち10%が、

汚染されたとみなす。この推定は、合衆国内の影響を受けない地域や、他の国からの

輸入によって、汚染されていない食品を用意することが可能だと認めたものだ。そして、

地方で生産された食品についても、市場に届く前に、様々な方法で、汚染が薄められるか、

除去されたと想定している。

 食物摂取量のうち10%が汚染されたとみなす推定は、EC委員会(CEC 1986a)で

専門家グループが推奨した方法で、経済協力開発機構 原子力機関(OECD/NEA)も

(NEA 1988)において推奨している。但しNEAは、地方の事情を詳細に示すことにより、

この評価は適切に修正することができると注記している。

 FDAは、人口のうちの一部分は、よりローカルな食品の供給に依存しているという

事実に基づき、さらに3倍の係数を適用した。すなわち、核事故後の急性期においては、

食品摂取量のうち汚染されたと推定する割合の値は 0.3(すなわち30%)とした。

もしもその後、食品摂取における汚染された食品の実際の割合(f)が、地方の調査

によって証明することができ、それが高かったり、低かったりする場合には、影響の

ある地域に対して、f の値を調整する(すなわちDILs基準値を調整する)のに十分な

時間もあるだろう。

 幼児(すなわち、3ヶ月と1歳の年齢グループ)については、食物のうちミルクが

高い割合を占めており、短期的には、幼児が摂取するミルクの全ての供給量が、

事故の影響を直接受けることになるかもしれない。従って、幼児の食物については、

f 1.0(すなわち100%)とする。

(e) Selection of Recommended Derived Intervention Levels

DILs are presented in Table 6 for Sr-90, I-131, Cs-134, Cs-137, Ru-103, Ru-106, Pu-

238, Pu-239, and Am-241 for six population age groups and applicable PAGs. Two criteria

were used in selecting a single DIL for each radionuclide for inclusion in the new CPG.

(e) 導かれた介入基準(DILs)の勧告値の選択

 6つの年齢グループごとの、ストロンチウム90、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、

ルテニウム103、ルテニウム106、プルトニウム238、プルトニウム239、アメリシウム241、

の導かれた介入基準(DILs)、及び適用する防護処置指針(PAGs)を、表6に示す。

新しいコンプライアンス政策ガイド(CPG)では、それぞれの放射性核種について、ひとつの

DIL基準値を選択するために、2つの判定基準を用いている。

First, the most limiting DIL for either of the applicable PAGs was selected for each of

the nine radionuclides. These DILs are presented in Table 7 for each of the six age

groups. In addition, the average DIL is presented for the radionuclide group Pu + Am,

composed of Pu-238, Pu-239, and Am-241, and the radionuclide group Cs, composed of

Cs-134 + Cs-137. The three radionuclides in the Pu + Am group deposit on the bone

surface and are alpha-particle emitters. The radionuclides in the Cs group are deposited

throughout the body and are beta-particle and gamma-ray emitters. The average

values are used for these groups because the calculated DILs for radionuclides in each

group are similar.

The radionuclides Ru-103 and Ru-106 are chemically identical, are deposited throughout

the body, and are beta-particle and gamma-ray emitters. However, their widely differing

half lives (i.e., 39.3 days and 373 days, respectively) result in markedly differing individual

DILs which do not permit simple averaging. Instead, the concentrations of Ru-103 (C3)

and Ru-106 (C6) are divided by their respective DILs and are then summed. The DIL for

the Ruthenium group is set at less than one.

Therefore, [(C3) / (DIL3)] + [(C6) / (DIL6)] < 1.0   (equation 1)

This assures that the sum of the separate radiation dose contributions from the Ru-103

and Ru-106 concentrations will be less than that contemplated by the Protective Action

Guide during the first year after an accident.

 最初に、9種類の放射性核種のそれぞれについて、どちらの防護処置指針(PAGs)の場合に、

より厳しいDIL基準値になるかを考える。6つの年齢グループごとのDILs基準は、表7に示す。さらに、

プルトニウム238、プルトニウム239、アメリシウム241の3種類からなる、プルトニウム+アメリシウム

の放射性核種グループと、セシウム134+セシウム137からなるセシウムの放射性核種グループ

については、平均のDIL基準が示されている。「プルトニウム+アメリシウム」グループの

3つの放射性核種は、骨の表面にたまり、α線を出して崩壊する。「セシウム」グループの

放射性核種は全身に取り込まれ、β線とγ線を出して崩壊する。この両者のグループ中の

放射性核種のDILs基準は同じように計算できるので、これらのグループでは、平均値を用いる。

 ルテニウム103、ルテニウム106の2つの放射性核種は化学的には同じ性質で、全身に取り込まれ、

β線とγ線を出して崩壊する。しかし、両者の半減期は大きく異なる(すなわち、それぞれ39.3日

と373日)。この結果、それぞれのDILs基準は著しく異なり、単純な平均を取ることはできない。

代わりに、ルテニウム103の濃度(C3)とルテニウム106の濃度(C6)をそれぞれのDILs基準で割り、

それを合計する。ルテニウムグループのDIL基準は、この値が1以下となることである。

   すなわち、 [(C3) / (DIL3)] + [(C6) / (DIL6)] < 1.0   (式 1)

この式は、ルテニウム103とルテニウム106の濃度のそれぞれの放射線量の合計が、事故後の

最初の1年間で、防護処置指針(PAGs)がもくろむより少なくなることを保証している。

Second, there are dietary components which are common to all six age groups. A

principal example is fresh milk, for which the consumer of particular supplies cannot be

identified in advance. Therefore, the most limiting DIL for all age groups in Table 7, for

each radionuclide or radionuclide group, was selected and is applicable to all components

of the diet.

These DILs are presented in Table 8 and were rounded to two significant figures (one

significant figure for the Pu + Am group). These are the DILs adopted in the new CPG.

The DILs in Table 8 apply independently to each radionuclide or radionuclide group,

because they apply to different types of incidents, or in the case of a nuclear reactor

incident, to different limiting age groups. However, the DILs for Ru-103 and Ru-106 are

used in equation 1 to evaluate that criterion for the radionuclide group Ru-103 + Ru-

106. The DILs in Table 8 are given in Table 2 in the main text.

 次に、6つの年齢グループに共通する食品分野がある。代表的な例は牛乳で、これについて、

個々に供給される食品を、どの年齢グループが消費するかを前もって知ることはできない。

従って、表7のすべての年齢グループの中から、それぞれの放射性核種または放射性核種の

グループについての最も厳しいDIL基準を選んで、それをすべての食品区分について

あてはめることができる。

 こうして選択したDILs基準を表8に示す。有効数字は2桁に丸めている(「プルトニウム+

アメリシウム」グループでは有効数字1桁)。新しいコンプライアンス政策ガイド(CPG)では、

これらのDILs基準を採用した。表8に示すDILs基準は、それぞれの放射性核種または放射性核種の

グループごとに、独立して適用される。なぜなら、それぞれは違った種類の事故に適用される

からだ。また原子炉事故の場合には、それぞれある年齢グループに限定して適用される。

しかし、ルテニウム103とルテニウム106のDIL基準は、「ルテニウム103+ルテニウム106」

放射性核種グループの基準を評価するのに式1が用いられる。表8で示したDILs基準は、

本文中の表2で示したものである。

表3~表8 pdf → 「TABLE_3-8.pdf」をダウンロード

表3~表8 xls → 「TABLE_3-8.xls」をダウンロード

(表はクリックで拡大します。)

Table_3_3

Table_4

Table_5

Table_6_4

Table_7_2

(注: 表7を見ると、年齢ごとのリスクの違いがわかる。)

Table_8

NOTE 2

Protective Action Guides (PAGs) を、ここでは「防護処置指針」と訳したが、

JST科学技術用語日英対訳辞書 によると、「防護処置基準」と訳されるようだ。

しかし、Level (基準)Guide (指針)の違いを示した方がわかりやすいと思ったので、

ここではこの訳を採用した。ご意見・ご批判などあればコメントを頂戴したいです。

食品の放射線について関連リンク

内閣府 食品安全委員会  http://www.fsc.go.jp/

「放射性物質により汚染された食品の健康影響評価等に関する文献調査」 (2006.3.31)
http://www.fsc.go.jp/fsciis/survey/show/cho20060331054  (pdf 230p(9.52MB)の報告書)

  この報告書の4章に、今回の暫定基準の元になった

  「防災指針で定められた飲食物摂取制限に関する指標」とその算出法が出ている。

  ここでは 「①誘導介入濃度の飲食物を1年間摂取し続けたときに、介入線量レベル

  の線量に被ばくするとする。ただし、飲食物中の放射性核種は物理学的半減期に

  従って減少するとする。」 と計算条件が記されている。

摂取する飲食物中の放射性ヨウ素の濃度が物理的半減期に従って減っていく

という仮定が置かれていることは、食品安全委員会が出している解説文

「東北地方太平洋沖地震の原子力発電所への影響と食品の安全性について」の

第16報(3月30日)までは示されていなかったが、第18報(4月3日)では、Q&Aの

問2への答えとして明記された。第22報では問3への答えの中に記されている。

報道では朝日新聞が4月5日に報じた。4/8  岡 敏弘 さん

飲食物摂取制限に関する指標について (1998年3月 原子力安全委員会)

http://trustrad.sixcore.jp/wp-content/uploads/2011/03/7221186cfa36d490b84f398707fcf5e2.pdf

防災指針における飲食物摂取制限指標の改訂について (2000年 須賀新一、市川龍資)
http://www.journalarchive.jst.go.jp/jnlpdf.php?cdjournal=jhps1966&cdvol=35&noissue=4&startpage=449&lang=ja&from=jnlabstract

  この文献に、放射性核種の混合割合や、線量係数が載っている。

  また、この指標の出来た経緯などがわかる。

食品における放射性物質の暫定規制値の考え方 (4/9 日本放射線影響学会) お薦め
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jrr/gimon/gakai1.pdf

  ようやく、まともな解説が出てきました。

原子力安全委員会「原子力施設等の防災対策について」 (H22.8月最終改訂)
http://www.nsc.go.jp/shinsashishin/pdf/history/59-15.pdf

  この付属資料14 「飲食物摂取制限に関する指標について」 に算出法の考え方がある

  のだが、これだけでは具体的な算出法はさっぱりわからない。

厚生労働省「放射能汚染された食品の取り扱いについて」(測定マニュアルもこちら)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e.html

  下表は3/17の暫定基準だが、4/5にヨウ素131の魚介類の指標 2,000(Bq/kg)が追加された。

0317_zantei

「食品の放射能測定マニュアル」に基づく野菜等の試料の洗浄方法 (4/20 厚労省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000019v70-img/2r9852000001a0nj.pdf

「放射性物質に関する緊急とりまとめ」 (2011年3月 食品安全委員会)
http://www.fsc.go.jp/sonota/emerg/emerg_torimatome_20110329.pdf

「放射性物質に関する緊急とりまとめ」 のポイント(2011年3月29日 食品安全委員会)
http://www.fsc.go.jp/sonota/emerg/emerg_torimatome_point_20110329.pdf

基準値の根拠を追う:放射性ヨウ素の暫定規制値のケース (4/6 岸本 充生 さん) お薦め
http://www.aist-riss.jp/main/modules/column//atsuo-kishimoto009.html

基準値の根拠を追う:放射性セシウムの暫定規制値のケース (5/23 岸本 充生 さん)
http://www.aist-riss.jp/main/modules/column//atsuo-kishimoto010.html

放射性ヨウ素の暫定基準値の決め方について (4/8 岡 敏弘 さん)
http://www.s.fpu.ac.jp/oka/radiation.htm

  上の岸本さんの計算が少しあわないことについて、補足説明がなされている。

  (I-131だけではなく、Te-132などほかの核種の影響も含めて計算すると一致。)

「暫定規制値の正体」同(2)同(3) (4/5,4/29,4/30 知識は永遠の輝き)

リンク集 「放射性物質の食品への影響について」 (食品総合研究所)

食品の調理・加工による放射性核種の除去率 (原子力環境整備センター 1994年)
http://www.rwmc.or.jp/library/other/file/kankyo4_1.pdf

農水省 「福島原子力発電所事故を踏まえた円滑な食品流通の確保について」
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_ryutu.html

適切に怖がりつつ安心して食べるために~自分で計算しよう!(松永 和紀 さん)
http://blog.goo.ne.jp/wakilab/e/bd31dc95883dafbff426c3eca673eb24

team nakagawa のブログ (東大病院放射線医療チーム)  http://tnakagawa.exblog.jp/

食品中の「放射能」(3/17 安井 至 さん)
http://www.yasuienv.net/CsIFood.htm

食品中の「放射能」の議論(3/22 安井 至 さん)
http://www.yasuienv.net/DiscFood.htm

原子力発電所被害による食品への影響について (食品総合研究所)

暮らしの放射線Q&A(日本保健物理学会)  http://radi-info.com/

日本産科婦人科学会  http://www.jsog.or.jp/news/

放射線医学総合研究所  http://www.nirs.go.jp/index.shtml

グラフ:体内残留率・排泄率のモデル予想値 (放医研)
http://www.nirs.go.jp/db/anzendb/RPD/gpmdj.php

福島県での甲状腺線量評価(2011.3.29)
http://www15.ocn.ne.jp/~jungata/FukushimaTDose1.html

カリウム40による内部被曝との比較による安全デマ (6/19 makirintaro)

海と放射能に関するリンク集 (美山 透 さん)

海産生物の濃縮係数
http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09010402/05.gif

「海産物と放射能」-特に海産魚中のCs-137濃度に影響を与える要因について-(笠松 不二男)
http://www.journalarchive.jst.go.jp/jnlpdf.php?cdjournal=radioisotopes1952&cdvol=48&noissue=4&startpage=266&lang=ja&from=jnlabstract

北極海に廃棄された核物質の生物濃縮に関する論文(英文pdf 4p)
http://lib3.dss.go.th/fulltext/Journal/Environ%20Sci.%20Technology1998-2001/1999/no.12/12,1999%20vol.33,no12,p.1979-1982.pdf

  Table2: 様々な生物の、Sr-90、Cs-137、Pu-239+240 の濃縮係数の一覧表

海産生物と放射性物質 (海洋生物環境研究所)http://www.kaiseiken.or.jp/study_thumb/news110.pdf

海域に負荷された137Csの影響予測-チェルノブイリ事故前後の資料と経年変動予測式をもとに-

(海洋生物環境研究所)

http://www.kaiseiken.or.jp/publish/news/lib/news95.pdf

食品から受ける放射線量(預託実効線量)(用語の説明あり)
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food2/servlet/food2_in?pageSID=195453591

ベクレルとシーベルトを換算する(六号通り診療所所長のブログ)
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2011-03-22

放射能の食品汚染問題で厚生労働省と交渉 (3/29 フクロウの会)
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/03/post-cd56.html

「放射線の性質と生体への影響」pdf無料公開(化学同人)
http://www.kagakudojin.co.jp/news/n2140.html

放射線による内部被ばくについて(3/29 津田 敏秀 さん/岡山大)
http://smc-japan.sakura.ne.jp/?p=1310

市民の、市民による、市民のための原発事故対策(柳原 敏夫 さん)
http://1am.sakura.ne.jp/DEW/Fukushima/info1.htm

安定ヨウ素剤 取扱いマニュアル (緊急被ばく医療研修のHP)
http://www.remnet.jp/lecture/b03_03/index.html

Joint Division Questions & Answers - Nuclear Emergency Response
for Food and Agriculture (Joint FAO/IAEA Programme):Q&A
http://www-naweb.iaea.org/nafa/faqs-food-agriculture.html

WHO(日本) http://www.who.or.jp/indexj.html

  ↓のWHO基準では、飲料水のガイドライン基準は、ヨウ素131で10(Bq/L)である。ここでは

  まず、スクリーニング基準として、全α放射能で0.5(Bq/L)、全β放射能で1(Bq/L)

  のいずれかを超えた場合に、放射性核種ごとの放射能を測定して評価することに

  なっている。 このスクリーニング基準はガイドライン基準ではないが、この点を

  誤解しているブログ()も散見される。 「全β放射能のスクリーニングレベルは(中略)

  最悪(ラジウム-222)の場合にはガイダンスRDL 0.1mSv/年に近い線量となる。」

  (ちなみに、ヨウ素131の甲状腺への影響は、主としてβ線による。)

  のWHO「水道水汚染について」(3/31)では、

  「WHOの飲料水水質ガイドラインは、原子力危機に際しての基準値とすべきではない。

  なぜなら、この数値は日常時における飲用に対する適用を念頭に、かなり保守的に

  設定されているからである。」 と説明している。

WHO 飲料水水質ガイドライン(2004年) (放射性物質: pdf 230p/P番号203p)
http://whqlibdoc.who.int/publications/2004/9241546387_jpn.pdf

「WHO 飲料水水質ガイドライン の解説」 (東京都水道局)
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/press/h22/img/press110317-01-1.pdf

「水道水中の放射性物質に関する指標等の取扱い等について」 (4/4 厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000017txn-img/2r98520000018hh7.pdf

  指標等(放射性ヨウ素300Bq/kg(乳児の摂取は100 Bq/kg)、放射性セシウム200 Bq/kg)

WHO "Health effects of the Chernobyl accident: an overview" Apr. 2006

WHO「チェルノブイリ事故の健康影響:概要」(2006)の邦訳 (4/19 warbler の日記)

  上記の本報告書(pdf 167p・英文)は、こちら

WHO CODEX STAN 193 "General Standard for Contaminants and Toxins in Food and Feed"
http://www.codexalimentarius.net/web/more_info.jsp?id_sta=17

Who_guideline

  上表のコーデックス基準では、ヨウ素131のガイドラインは、100(Bq/kg) (幼児、幼児以外共通)

  「コーデックス委員会」の説明は こちら(農水省HP)

  コーデックス委員会と米国の食品安全性基準設定の手順 (岡本 嘉六 さん)

  ↑のここで、岡本さんは、日本のリスクコミュニケーションは、

  「単なる不特定多数の「聞き置き」となる場合が多い」が、コーデックス委員会や米国での

  リスクコミュニケーションは、「行政の谷間を埋める「コミュニケーション」 」であり、

  「各種団体の代表が参加する形式」だと違いを指摘している。

EUの食品中の放射性物質の基準

Proposal for a COUNCIL REGULATION (EURATOM) (2007年)
laying down maximum permitted levels of radioactive contamination of foodstuffs and
of feedingstuffs following a nuclear accident or any other case of radiological emergency
http://eur-lex.europa.eu/LexUriServ/LexUriServ.do?uri=COM:2007:0302:FIN:EN:PDF

Ec_annex1

↓EUの家畜飼料の放射性セシウムの基準

Ec_annex3_2

Togetter IAEAの食品・水の放射能濃度の基準 (3/24)

IAEA Safety Standards "Criteria for Use in Preparendness and Response for a Nuclear or Radiological Emergency"
General Safety Guide No.GSG-2 (英文pdf 120p)

「緊急事態対応判断基準等に関する調査」について(H19 原子力安全委員会)
http://kokai-gen.org/html/data/20/2010317002/2010317002-27.pdf

が、放射性セシウムの長期対策について報告している。

Cs_level_russia

チェルノブイリ後、旧ソ連各国では、食品中の放射性セシウムの基準値が引き下げ

られていることがわかる。今回の日本の暫定基準(飲料水・牛乳・乳製品で200Bq/kg、

野菜・穀類・肉・卵・魚・その他で500Bq/kg)の半分くらいだ。事態の長期化を受けた措置

だろうが、日本でも事態の長期化は明らかなので、こちらの基準を参考にするべきだろう。

Codex、FDAなどの基準は緊急対策で、長期にわたる事態を想定した基準ではない

上の表の EC 1986 で、乳製品が「600」となっているが、おそらく誤記と思われる。これは

チェルノブイリ指令」(Council Regulation (EC) No.733/2008)(2008年最終改訂)
http://eur-lex.europa.eu/LexUriServ/LexUriServ.do?uri=CELEX:32008R0733:en:NOT

  チェルノブイリ事故による、セシウム134とセシウム137について規制したもの。

  牛乳・乳製品・幼児用食品 370 Bq/kg

  その他すべての食品 600 Bq/kg

ドイツ政府によると、チェルノブイリ指令は、セシウム137による長期的な食品汚染に

焦点を合わせた指令である。セシウム137の半減期は30年で、いまなお野生動物や

キノコの汚染が確認されている。EUはチェルノブイリからの放射性物質の影響が

長期にわたることを想定して、規制値を低く設定したのだ。

(熊谷 徹「週刊ダイヤモンド」2011/4/23号 p.39)

チェルノブイリ事故後から日本で行われている輸入食品の放射性セシウムの基準につい

ては、「輸入食品中の放射能の限度濃度」 (ATOMICA)で考え方が解説されている。

長期の対策とは何か? 下記の資料を読むとよくわかる。

ICRP Publication 111  Application of the Commission’s Recommendations to the
Protection of People Living in Long-term Contaminated Areas after a Nuclear Accident
or a Radiation Emergency (2008年10月、無料公開中

この暫定日本語版が公開された→ 日本アイソトープ協会の日本語版ドラフト

ICRP Publication 111  「原子力事故又は放射線緊急事態後における長期汚染
地域に居住する人々の防護
に対する委員会勧告の適用」 (2008年10月)

この最後に、ベラルーシにおける食品中のCs-137汚染限度の変遷の表がある。

原子力百科事典 ATOMICA より

年摂取限度 (Annual Limit on Intake:ALI) (2002/08)

放射性核種の体内移行と代謝 (2001/10)

食品中の放射能 (2004/08)

放射能の牛乳への移行 (2001/03)

放射性核種の生物濃縮 (2004/08)

水産生物への微量元素の特異的濃縮 (1998/03)

放射能の河川、湖沼、海洋での拡散と移行 (2003/03)

等価線量 (equivalent dose) (=組織線量当量(旧))

実効線量 (effective dose) (2004/03)

預託線量 (committed dose) (2002/02)

線量預託 (dose commitment) (2004/03)

セシウムの土壌から農作物への移行について

土壌・農作物の放射能汚染に関する情報ポータル (農業環境技術研究所)

放射性セシウムの土壌-作物(特に水稲)系での動きに関する基礎的知見 (日本土壌肥料学会)

セシウム(Cs)の土壌でのふるまいと農作物への移行 (日本土壌肥料学会)

放射性セシウムに関する一般の方むけのQ&Aによる解説 (日本土壌肥料学会)

わが国の米、小麦および土壌におけるSr-90Cs-137濃度の長期モニタリングと変動解析
http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/JASI/pdf/JASI/72-4549.pdf
(駒村美佐子、津村昭人、山口紀子、藤原英司、木方展治、小平潔、2006年)

「チェルノブイリ周辺農地、ナタネで土壌改良 放射性物質吸収」 (4/13 毎日)

菜の花プロジェクトの経緯と概要 (2009.8.12 戸村 京子/NPOチェルノブイリ救援・中部)

「避難処置に関するメモ」(4/11 ケミストの日常)

「セシウムの「環境的半減期は180~320年」」 (4/5 WIRED NEWS)

環境中でのキノコの放射性セシウム吸収に関する文献レビュー(英文)
http://sti.srs.gov/fulltext/WSRC-MS-2006-0422.pdf

Field Estimation of Soil Water Content(IAEA, 2008年、pdf 141p)
http://www-pub.iaea.org/MTCD/publications/PDF/TCS-30_web.pdf

「チェルノブイリ事故後にスウェーデンが取った畜産の汚染対策」 (4/19 「スウェーデンの今」)

「農地土壌中の放射性セシウムの野菜類と果実類への移行について」 (5/27 農水省)
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/110527.html

「放射性物質の農地等における移動・循環問題」 (6/3 内田 滋夫)

「土壌から牧草への放射性物質の吸収」 (青森県 排出放射性物質影響調査)

「飼料から牛肉への放射性物質の移行の考え方」の解説 (6/21 日本草地畜産種子協会)

一様に撒かれたCs-137のμSv/h と Bq/㎡ の換算 (http://twitter.com/#!/chem_at_u

50,000Bq/m2で0.1μSv/hとも。 RT @ 【東京のベンチで3Bq/平方センチ
これは約 0.06マイクロSv/h.アメリカ国防総省公開資料に基づく計算例はこちら→

放射性ストロンチウム(Sr)の土壌-作物系での動きに関する基礎的知見 (日本土壌肥料学会)

環境パラメーターシリーズ (原子力環境整備促進・資金管理センター)

  1.「土壌から農作物への放射性物質の移行係数」

  2.「土壌と土壌溶液間の放射性核種の分配係数」

  3.「淡水から生物への放射性物質の移動」

  4.「食品の調理・加工による放射性核種の除去率」

  5.「飼料から畜産物への放射性核種の移行係数」

  6.「海洋生物への放射性物質の移行」

  7.「海洋における放射性核種の移行パラメータ」

おまけ

Iloveyoufukushima

猪苗代湖ズ 『I love you & I need you ふくしま』 (YouTube 約6分)

« 地図とグラフ: 韓国における口蹄疫の流行(その7) 3/9~5/9 | トップページ | 震災後東京日記 4/4~5/8 »

コメント

 
「FDAの"水"の基準」 を検索してこちらを読む方がいらっしゃるようなので補足。

FDAのDILs基準では、水も食品の一部に含まれるので、水についてもヨウ素131のDIL基準値は
170Bq/kg である。

これは、「1歳児」の「甲状腺」に対する「60日間の摂取」をいちばん厳しい条件として評価している。

導かれた介入基準(DILs)(Bq/kg) = PAG(mSv) / [ f × FI(kg) × DC(mSv/Bq) ]

ここで:
DC = 線量係数 = 3.6 E-3 = 0.0036 (mSv/Bq) (表3: ヨウ素131/甲状腺、1歳)
f = 汚染されたと推定される食品を摂取する割合 = 1 (幼児のヨウ素131の場合)
FI = 60日間の食品の消費量 = 83 (kg) (表5: 1歳)
PAG = 防護処置指針 = 50 (mSv) (組織や器官の預託等価線量の限度)

とすると、DIL = 167 (Bq/kg) (表6) が得られる。

この値よりも、今回の日本の暫定基準(幼児の水の場合、100 (Bq/kg) のほうが
一見厳しいように見えるが、「60日間」について評価していることに注意する必要がある。

つまり、今回の福島第1原発で、今後、ヨウ素131が広くまき散らされることがなければ、
日本の暫定基準は妥当と言えそうだが、原発の状態が不安定になり、再び放射性物質の
拡散が起きるとすれば、期間をもっと長くとって評価する必要がありそうだ。

水のことはさておき、
かなりの放射性物質が海に出ているので、今後は、魚介類の影響に継続して注意する必要があるだろう。
水俣病の時のように、平均よりも魚を多く食べる漁民への評価に注意する必要がある。

いずれにしても、福島第1原発がもう少し安定するには、まだだいぶ時間がかかりそうだから、
食品の放射線の基準を、根拠を含めてきちんと示すことはできないだろう。この問題は、まだ混乱が続きそうだ。

 
青空です。
コンタン様が紹介してくれた本、ようやく本屋があいたので一冊買いました。何を買ったかは今言いませんが、
読み終わったら感想を書きますね。楽しみです。ありがとうございます。

原発は当初予想していたより深刻ですね。
現場の必死の努力がなんとか奏功しせめて放射線物質の拡散だけでも止まってくれればと願います。
困難を極める課題ですが、各国のエキスパートや設備も来ているので願いも込めて解決方向に行くと思います。

農作物では稲作、野菜の種まきシーズンですが、茨城、福島県は動きがとれず混乱が続いていますね。
現地の方のブログを見ているとさぞ無念だろうと考えます。

しかし、現実的にみて首都圏での野菜価格の暴落を見て、シートで畑を覆いつつ、稲作の水も遠方から輸送し
常に流し続けるようなコストを上げてまで生産する農家はいないと感じました。
国家と東電が損害補償することもあり、この状況下でリスクを冒す人もいないでしょうし、
結果的に価格の暴落という結果を示したことで「野菜供給を安定的に」と使命感を持つ方々の心を折ってしまったようです。

米は遠方輸送がききますし、減反政策の見直しで供給量の増強は可能ですが、岩手・宮城のコメどころは
被災で農具がダメージを受けており、燃料不足もあり生産能力が大幅に悪化しています。
減反見直しだけでは十分な供給能力を維持できるか心配です。
そこらへんのフォローは本来自治体の仕事ですが当然その体力はありそうもありません。
農水省がきめ細やかにバックアップしてくれることを期待しますが。
供給できても輸送コストがかかる分だけ首都圏3500万人の米代の高騰はやむを得ないでしょう。

野菜は、上記の2県だけでも首都圏供給量の50%以上を供給しています。
かさばる野菜は積み上げが難しいので長距離輸送に向きませんし、震災の関係で輸送トラックの不足と
燃料不足で、野菜の供給量は半減以下になる可能性があります。
値段が高騰するぐらいならよいですが、おそらく入手も困難になると思います。
人口が極端に多いだけにパニックにならないといいのですが。

農水省が他県に対して供給量の増強を指示している動きも見れませんし、
全国的に生産者がこの風評被害の混乱ぶりを見て野菜の生産量を増加させようと思うとも思えません。
今後6か月、原発が解決できなければ2年前後の野菜・牛乳不足の心配があります。

企業生産の安定化は電力の安定化が必須です。首都圏は当面相当に厳しい雇用環境に陥ると見ます。
食料品高騰とあいまって、思わぬ3次災害が発生し、経済の先行きを暗くすることを懸念しています。
食料品の高騰と景気悪化による雇用調整のダブルパンチはなんとか避けてほしい。
輸入増強は中国野菜は農薬基準に合致しませんし、アメリカからでは遠すぎて缶詰しか来ないし・・・。
農水省などはそこまで対策を考えているのでしょうか。
むむ、考えると、また悲観的になってしまいました。いけません。

いずれにしても農作物や漁業、健康被害について徹底的に知見を集め、混乱の収束と脱却方法を提示し
議論し、国民に説明することが重要かと思っています。

 
青空 さま。

>原発は当初予想していたより深刻ですね。

人によって「当初予想」は違うでしょうが、4/12に水素爆発の映像を見た時点では、
もっと悲惨な事態を予想していました。
(「最悪のシナリオ」は、京大の小出 裕章さんなどが解説しています。)

昨日(4/3)から、政府当局が「長期化」を明言しています。
これは、ニュースで解説されているように「(本来の)冷却機能の回復」までに、
かなり長期間を要する、ことを遠回しに述べたようです。

本来の冷却機能(残留熱除去系)の回復には、原子炉建屋内での修理作業が必要。
→しかし、原子炉建屋内は放射能汚染がひどく、人が近づけない。
→まず、周辺の汚染の除去、ついで建屋内の汚染の除去が必要。
→周辺ですら、汚染の除去の目処がたっていない。
→スケジュールがまったく見えていない。

ということなのでしょう(そこまではっきりとは書いてありませんが)。
原発の「きわどい状況」は、すくなくとも数ヶ月は続く、と言っているのです…。

ところで今朝の新聞に、政府が仮設住宅を、津波の来ない高台だけに建てようとしているが、
土地がまったく足りないと報道されています。

これはまったくバカバカしい方針です。 付近に高台や避難できるビルがある場所なら、
低地でも建てるべきだと思います。

しかし平野部で、高い建物がまわりに何もない場所は難しいですね。
津波からの避難用工作物を、一緒に仮設するのがいいかもしれません。

 
NHK (4/3)  「子ども甲状腺被ばく 危険水準1人もおらず」
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/kanren_0403.html

枝野官房長官は、午後の記者会見で、福島第一原子力発電所の事故に関連して、
周辺の市町村でゼロ歳から15歳までの子ども900人を対象に甲状腺の被ばく調査をした結果、
危険な水準に達した子どもは1人もいなかったことを明らかにしました。

この中で、枝野官房長官は、福島第一原子力発電所の事故に関連して「放射線がお子さんに
影響を与える可能性は高いので、3回に分けて甲状腺被ばくの調査を進めてきている」と、述べました。

そのうえで、枝野長官は「3月28日から30日に福島県川俣町と飯舘村で、合わせて
900人余りのゼロ歳から15歳までの調査を行ったが、全員スクリーニングレベルを超えるものは
認められなかった」と、述べ、子どもの甲状腺の被ばく調査をした結果、危険な水準に達した子どもは
1人もいなかったことを明らかにしました。

 
飲料水の国際基準について、いろんな方がこちらのサイト(3/23)
http://carrotjuice.sblo.jp/article/43968256.html

に書かれている「世界の基準値」
(WHO基準 1(Bq/L)、 ドイツガス水道協会 0.5(Bq/L)、 アメリカの法令基準 0.111(Bq/L))

を参照しているようだ。これはガセネタではないかと当初思ったのだが、調べるうちにだいぶ
事情が判ったので以下追記(4/19)。

■まず、WHOの水道水のヨウ素131の基準は、10Bq/L である。
これについてはエントリー本文中に書いたので繰り返さないが、
1Bq/Lというのはスクリーニング基準なので、ガイドライン基準ではない。

■ドイツの基準は未調査。

■米国環境保護庁(EPA)の、飲料水におけるヨウ素131の最高汚染基準値は、
3ピコキューリー(pCi)/L = 0.111 Bq/L は正しい。
(出典は4/18のコメント参照)

■問題なのは、これらの水道の基準が、「平時における基準」として厳しく定められたものなので、
「放射能事故発生時の基準」として考えるのは不適切だと言うことだ。

通常時に厳しい基準を適用して、非常時に必要十分なレベルに基準を引き下げるのは、
合理的な方法である。そうしなければ我々は水と食料を確保するために、ムダなコストを支払うことになるだろう。
(実際、今でもペットボトルの水を求めて、ムダなコストを払っている人が大勢いる。)

それなのに、「基準を緩めた」として、政府を批判するブログが後を絶たないのは、
政府もマスメディアも、このことをきちんと説明していないからだ。
こうしたサボタージュには怒りを覚えるし、マスメディアのリテラシーのなさにはがっかりする。

 
NHK (4/4) 「魚の暫定基準値 早急に検討へ」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110404/k10015097061000.html

茨城県沖のコウナゴから1キログラム当たり4000ベクレルを超える放射性ヨウ素が検出されました。
これについて、厚生労働省は「食べたとしても直ちに健康に影響を及ぼす値ではない」としたうえで、
魚については暫定基準値が設定されていなかったため、早急に基準値を検討する方針を示しました。

厚生労働省によりますと、北茨城市沖1キロ付近で今月1日に取れた「コウナゴ」から1キログラム
当たり4080ベクレルの放射性ヨウ素が検出されました。放射性ヨウ素は、野菜類については
1キログラム当たり2000ベクレルという暫定基準値が設けられていますが、肉や魚、卵、それに
穀類には暫定基準値が設けられていません。これにについて、厚生労働省は「放射性ヨウ素は、
放射性セシウムと違って半減期が8日間と短い。海では拡散するスピードも速いため、魚の場合は、
人が食べるまでには相当程度薄まると考えられていたため」としています。また、今回のコウナゴの
数値について、厚生労働省は「食べたとしても直ちに健康に影響を及ぼす値ではない」としたうえで、
魚の暫定基準値を早急に検討する方針を示しました。

 
(独)放射線医学総合研究所 (4/6) 「水道水中のヨウ素-131の除去について」
http://www.nirs.go.jp/information/info.php?i11

、(独)放射線医学総合研究所では、3月24日~3月27日にかけて取水した千葉市内の水道水を使って,
煮沸,炭,活性炭,中空糸膜フィルター,RO水(逆浸透膜)などの放射性ヨウ素の除去効果について,
実際に実験を行いました。その結果,RO水(逆浸透膜)以外では、ほとんど、あるいは限定的な
除去効果(注)しか期待できないことが分かりました。

なお、4月6日には、千葉市内の水道水中のI-131濃度が低いために、このような分析・評価は困難になっています。

(注)使用開始後急激に除去効果が低下し、表示上の使用限度の50%超ではほとんど効果が期待できない等

 
RO膜で除去しても、膜の入り口には放射性物質が濃縮された水が溜まるわけで、
それをどうするかって問題には誰も触れてないのが怖い。

たぶん3割くらいは濃縮水が出るはずだけど。

 
現役養豚家 さま。

そちらもだいぶ被害があるようですね。 お見舞い申し上げます。

放医研の公表は、どちらかというと、放射性物質を除去できるというインチキ商売
に警告を出したものでしょう。

逆浸透膜濾過装置は、たとえばこちらの製品
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/03/31/041/

などは、1次側の自動洗浄機能があるようです。
でも家庭や小事業所で買えるものではないですね。

 
team nakagawa のブログがヨウ素131についての説明を修正している。
http://tnakagawa.exblog.jp/15214535/

すべての食品(水を含む)について100(Bq/kg)のヨウ素131が含まれたと仮定して、
その食品を採り続けた場合、
「67日」(10歳の場合)で、甲状腺の預託等価線量50mSvを超える、と試算している。

 
読売新聞 (4/7) 「野菜→水洗い+ゆでる…4~8割除染」
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39220

 汚染された食品の放射性物質の量は、調理や加工で減らせる場合がある。

 放射線医学総合研究所の内田滋夫さん(環境放射生態学)によると、1950年代の大気圏核実験と、
1986年のチェルノブイリ事故以降、欧米を中心に、食品からの除去の研究が進んだ。

 農産物の汚染経路は、〈1〉大気中の放射性物質が表面に付く〈2〉土壌に降り積もった放射性物質が
根を通じて吸収される――の2通りある。いま見つかっているのは、〈1〉の表面汚染だ。

 内田さんらが国内外の研究成果をまとめたところ、葉もの野菜の表面についた放射性ヨウ素、
放射性セシウムとも、水洗いをすると10~30%程度は落ちることがわかっている。
葉の裏表、茎にも付くため、水を入れたボウルやたらいの中で、野菜を振るように洗うと良い。
水洗いの後で、さらにゆでて、そのゆで汁を捨てると、40~80%は除去できる。

 ブロッコリーなどの花蕾(からい)類や、根から吸収した野菜の場合はどうか。除去率のデータは
少ないが、内田さんは「ゆでて、ゆで汁を捨てればある程度の低減が見込める」と話す。
放射性物質はゆで汁に溶け出ると考えられるためで、熱で減るわけではない。

 牛乳は、乳製品への加工で放射性物質の量を減らせる。環境科学技術研究所特別顧問の
大桃洋一郎さん(環境放射生態学)は「加工過程で、放射性ヨウ素、セシウムは液体の
乳清部分に残る。バターやチーズにはほとんど移行しない」と話す。そもそも放射性ヨウ素は
8日間で放射線を出す力が半分に減るため、乳製品の加工・貯蔵過程で少なくなる。
加工法の違いで、牛乳から乳製品への放射性物質の移行率を下げる研究もある。

 水道水の放射性ヨウ素汚染に活性炭を使う試みがあるが、「効果は薄い」とみる専門家が多い。
イオン交換樹脂で除去できたとする実験もあるが、内田さんは「放射性ヨウ素を確実に取り除ける
家庭用浄水器があるかどうかは、これから検証する必要がある」と話す。

 放射性物質がどの程度、食品に移行するかは、食品の種類や環境中の濃度、天候などに
よっても異なる。海産物も含め、食品への汚染を長期にわたり監視し続ける態勢が必要だ。

ご心配頂きありがとうございます。
今のところ、心配の種は私の住む集落を取り囲む堤防です。
5月には補修工事がはじまるかと。

さて、こんな事態が起きると必ず…起きなくても…出てくるのが怪しげな商品ですね。
こんな時頼りにあるのが天羽優子さんの「水商売ウォッチング」なんで、久方ぶりにアクセスしたら
鯖落ちなのか分かりませんが、アクセス不能
まあ、左巻健男さんとか、菊池誠さんのブログが健在ですので、がんばってもらわねば。

 
朝日新聞 (4/8) 「魚介類のヨウ素、暫定基準を追認 厚労省審議会」
http://www.asahi.com/national/update/0408/TKY201104080261.html

 魚介類に含まれる放射性ヨウ素の許容量を定める食品衛生法の暫定基準について、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会は8日、
野菜類と同じ1キロあたり2千ベクレルの設定を了承した。今後は内閣府の食品安全委員会の見解を待って、魚介類を含めた食品の
正式な基準を設定する方針。

 水や野菜類の暫定基準は、原子力安全委員会が示した指標を用いて設定された。しかし指標では、魚介類について放射性ヨウ素
の値がなかった。この日の審議会では、魚介類に野菜類の基準を用いる厚労省の判断を「緊急的措置としてやむを得ない」と認めた。

 茨城県北茨城市沖で1日にとれたイカナゴ(コウナゴ)から1キロ当たり4080ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたことなどから、
厚労省は5日に魚介類の基準を急きょ決めた。魚介類には放射性セシウムの基準が定められていたが、半減期が8日と短いヨウ素
はなかった。(北林晃治)

---------------------------------------------------------------------
<「緊急的措置としてやむを得ない」と認めた>って、どういう議論だったのだろうか?

 
厚生労働省 (4/7) 「妊娠中の女性や育児中の母親向けに放射線への心配に答えるパンフレットを作成しました」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014hcd.html

内容は見てもらうとわかるが、具体的な数字が何一つとして書いてないパンフである。
世の中に流布しているいろんな不確かな情報に触れた人が、これを読んでも
安心することはないような気がする。

(参考) 「厚生省のパンフレット」(4/9 新小児科医のつぶやき)
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20110409

 
朝日新聞 (4/8)夕刊2面 に、魚の放射性ヨウ素の暫定基準の説明が出ていたが、それによると

1.もともとの放射性ヨウ素の基準は、甲状腺の預託等価線量(50mSv/年)のうち、
   飲料水・牛乳・乳製品・野菜から2/3(33.3mSv)を摂取、
   その他から1/3(16.7mSv)を摂取
  という仮定で作られている。

2.その他(記事の表現では「予備分」)のうち、1~2mSvを魚に割りあてて、
  2,000Bq/kg との暫定規制値を決めた。

という説明になっている。

この記事では何も触れていないけど、もともとの暫定基準が、ヨウ素の放出が1回だけ行われて、
環境中で半減期にしたがって放射能濃度が低下してゆく、という仮定に基づいているので、
今回の状況とはまったく異なる。

とりあえず2,000Bq/kg の魚を食べても恐れるようなことはないと思うけど、
長く続くようなら基準の見直しは必至だろうし、平均よりたくさん魚を食べる人は
注意が必要なことは言うまでもない。 そんな報道はどこかにあるのだろうか?

 
朝日新聞 (4/9)朝刊2面 に、イネの作付け禁止の目安(土1kg当たり5,000Bq以上の放射性セシウム)
についての説明が出ていた。それによると

1.セシウム137が水田からコメに移る割合(移行係数)は、平均で0.0026
  すなわち、土1kg当たり10,000Bqの汚染があると、コメ1kg当たり26Bqのセシウム。
  (1960年代に日本に降ったセシウム137をもとに試算)

2.今回の農水省の基準は、移行係数を、これより厳しく、0.1に設定した。
  (放射性物質はまだ土壌の浅いところにあるため、イネに吸収されやすい。)

3.コメに移る割合は、土壌の性質によっても、かなり異なる。
  (IAEAによると、最大8倍程度違う)

これより詳しいことはまだわからないが、農水省は安全側に、厳しめの基準を設定したもようだ。

 
食品安全委員会 「委員長からのメッセージ(緊急とりまとめを終えて)」 (4/8) より
http://www.fsc.go.jp/sonota/emerg/iicho_danwa_20110408.pdf

 食品安全委員会が放射性ヨウ素(131)及び放射性セシウム(134,137)について行った緊急とりまとめは、
かなり安全側に立ったものであり、現在行われている管理措置は、安全性を厳しすぎるくらい見込んだものを踏まえて
いるわけです。したがって、市場に出回っている野菜、魚介類等の安全性は十分に確保されるようになっています。

---------------------------------------------------------------------
いたしかたない面もあるので同情はするけれど、
この説明はやはり不誠実だと思う。

 
JETRO (4/11) 「日本からの輸入食品の放射線検査の許容水準上限を引き下げ(EU)」
http://www.jetro.go.jp/world/shinsai/20110411_01.html

EUの食物連鎖・動物衛生常設委員会(SCFCAH)は4月8日、日本からの輸入食品・飼料の放射線検査の
許容水準の上限を、日本にならって引き下げるという欧州委員会の提案に合意した。これにより、EUの
検査基準はより厳しいものとなる。欧州委員会は11日に正式に採択の予定で、12日には新規則が
EU官報に掲載され、発効の見込み。EUは、日本の基準にあわせ、現行基準を置き換えると説明している。
(以下略、元サイト参照ください。)

 
勝川 俊雄 さんのツイート (4/14-4/15) より http://twitter.com/#!/katukawa

Natureも心配している。 "Radiation release will hit marine life"
これほど高濃度の放射性物質を大規模に流すのは初めてなんだから、
「生態系への影響が無い」なんて、断言できるはずがない。 http://bit.ly/eKgB9A

Natureの指摘:「汚染が直ちに海洋生物に害を与えることはないだろうが、
寿命が長い同位体は食物連鎖を通事で集積されると考えられており、
魚類や海産ほ乳類の死亡を増加させる可能性がある」 私も同感。 http://bit.ly/eKgB9A

希釈はnot in questionだけど、ローカルな影響はちゃんとした調査が必要、
という主張は妥当だとおもうけど
 RT @toyokawah: @katukawa naturenewsは結構トンデモですからねえ…。
 希釈が「not in question」って本当なんですか?

まあ、水産生物の自然死亡なんてよくわかっていないパラメータだから、
調査をしなければ、影響はわからなかった→影響は無かったにされてしまう可能性がある。
きちんとした調査をして、そのデータを公開するのが、日本の最低限の責任。

特に、コウナゴを食べているスズキとかを重点的に調べてほしいです。
 RT @gyoruikonoehei: てか、水産物のサンプル少な…。
 ハァ、これじゃあ魚を食べたくないと怯えている人たちに説得力のある解答はできないよ。

リンク先の6枚目のスライド。セシウムは海水の50倍程度になります。 http://bit.ly/gXxSDb
 RT @toyokawah: @katukawa ストロンチウムとかセシウムとかは、
 いわゆる「食物連鎖」に関しては重金属ほどの濃縮度はないのでしょうか。

食物連鎖を通じた移動は存在するし、生態系の高位ほど濃縮度がやや高くなる傾向はあるようだけど、
生物濃縮が問題になるPCBやDDTは1万~10万倍になるので、桁が違いますね。

セシウムに関しては特定の生物が特定の部位にため込むというものではなさそうなので、
上位捕食者でもこの程度。
 RT @P_lunulata: @katukawa Heldal et al. (2003) だと食物段階5段目のネズミイルカで
 セシウムの濃縮係数が150程度ですね

ストロンチウムは魚の場合も骨に貯まります。欧米人は魚の骨を食わないので、
研究事例が少なく、生態濃縮についてはデータが見つからないです。

@toyokawah 水銀や農薬系化合物のようなとんでもない濃縮はしないので、その点は安心してください。
だからといって、水産庁のように「生物濃縮はしません」と言い切るのはどうかと思う。
程度の違いはあれど、濃縮はします。

基準値以上の魚がとれた海域の魚を、スクリーニングもせずに市場に出すのは論外。むしろ、
国が漁船を雇って、生態系調査のサンプリングをしてもらえばよい。海洋生態系の調査は極めて重要な課題です。
 RT @gyoruikonoehei: @katukawa スズキはぜひ検査

「JAMSTEC福島沖海洋シミュレーションの結果」をブログにまとめました。 http://t.co/2kbj7QI

どこもフル稼働みたいですね。精度を落として、サンプル数を増やすのは無理ですか?
 RT @mtoyokaw: 水産物の分析は大変な手間がかかっているのです。コウナゴは養殖の餌に
 大量に使われてるから、養殖魚が検査の穴になるかも QT @katukawa:

茨城のコウナゴにしても、基準値の上か、下かという議論だけでなく、平均して値が高いのが問題。
基準値を多少下回る程度の内部被曝は覚悟しないと食べられない。
水産庁はそれでも構わないと思っているから、コウナゴ漁の自粛を要請したのみで、何ら対策をとらない。

水産庁が放射能の危険性を認めないのも自己保身。水産物の危険性を認めたら、禁漁等の対策を
とらねばならず、予算と手間暇がかかる。水産庁としては、「安全です」の一点張りで、
とにかく漁業を継続させて、放射能のリスクがあろうが無かろうが、魚を市場・消費者に押しつけたいのだろう。

市場は経産省の管轄だし、消費者の健康被害は厚労省の管轄。自分の所管がババを引かなければ、
それで良いという姿勢が明白だ。基準値以上の値が出たイカナゴ漁のみ自粛を要請しているだけ。
消費者の安全のためなんぞに、予算を使いたくないのだろう。

イカナゴは多くの魚の餌になっているのだから、イカナゴで基準値以上の放射能が出た以上、
同じ海域の他の魚から、基準値以上の放射能が出ても不思議ではない。
イカナゴと底魚ばかり調べて、他の魚はほとんど調べていない。

三陸の漁港が被災した関係で、八戸から銚子の港の機能が著しく低下している。今後、数年は、
八戸と銚子が重要な水揚げ拠点になる。その銚子から基準値以上の放射能に汚染された魚が出たら、
日本漁業の復興にどれだけマイナスになるか。少し考えれば誰にだってわかるだろう。

少しでも、漁業全体のことを考えるなら、リスクがある魚を銚子に水揚げすべきではない。
本来は行政が責任を持って対処すべきである。水産庁は根拠の薄弱な安全論を振りまして、
イカナゴ漁の自粛を要請したのみ。それすら、隙が有れば取り下げようとしている。

実際に、福島の水は茨城に流れているのだから、茨城の魚はしばらく控えて、千葉以南の魚のみを
水揚げしようとした銚子市場の対応は、極めて妥当である。海を知っている人間の判断だと思った。
 http://katukawa.com/?p=4247

水産庁が消費者の安全性を軽視して、リスクがある魚をきちんと止めないから、消費者は安心して
魚を食べられない。結果として、魚の売り上げが激減している。「風評被害」などと称して、
消費者を責めているけど、今の検査態勢で茨城の魚を安心して食べろといわれても、難しいだろう。

本来は、公的な補償をつけた上で、茨城の漁業を止めるべきだろう。公的機関が、適切な対応を取らないから、
水産物全体が敬遠される。水産庁が、大本営発表を繰り返したところで、消費者は安心しない。

茨城の漁業を続けさせるのが、漁業者のためかというと、全くそうではない。
茨城の魚は消費者に敬遠されて、漁が成り立たないのだが、自粛要請だから公的補償がない。
一番困っているのは茨城の漁業者だ。水産庁は、自分の懐を痛めたくないだけで、漁業者のことなんか考えていない。

安全を考えて、海域と魚種については、広めに漁業を止める。そうすれば、他の漁業と消費者を守ることができる。
止めざるを得ない漁業については、しっかりと公的な補償をする。これが、公的機関がやるべき仕事。
イカナゴ漁のみ自粛要請している現状は、消費者に対しても、漁業者に対しても無責任。

距離よりもむしろ、海流が重要ですね。黒潮系と親潮系の海水は色が違うので、簡単に区別がつきます。
重要なことは、科学的根拠に基づいてルールを決めて、現場で徹底することです。
 RT @mabow: @katukawa でも波崎沖は銚子漁協の操業域です。隣通しで重なっています。

「数百ベクレル程度の魚で大騒ぎするな」という意見も一理あるが、その意見が市民権を得ていない現状では、
予防的な(保守的な)対応は不可欠だろう。上から目線で安全宣言をしても、消費者は自衛措置をするから、
結果として全体の相場が下がる。

何が心配って、それが現地水揚げのほかの水産物にも波及し、また他の生産地の水産物にも波及、
慌てて検査機器や検査方法を導入した頃には全く魚が売れなくなっているかもしれない、
なんてことを考えているのは、私だけでしょうか。

 
中央水産研究所 「水産物の放射線含有量の測定方法に関する研修会」 資料 (pdf 3.2MB)
http://www.fra.affrc.go.jp/topics/230415/paper2.pdf

 
日経MJ 2011.4.18 14面 「水産物検査、パンク状態」 より。

 独立行政法人の水産総合研究センター(横浜市)では約10人の職員が休日を返上し、放射線量を検査している。
魚の身を細切れにして測定器にかけ、データを解析する。結果が出るのに1匹当たり4~5時間かかるため、
1日に処理できるのは5匹が限度という。

(中略)

 水産庁によると、(政府で)国内で放射線の検査を実施しているのは4機関しかない。「今後、検査機関が
増えても十分には対応できないかもしれない」(水産庁加工流通課)。機器の不足も深刻なだけに、有効な
打開策は見当たらない。

 
放射性セシウムの暫定基準をめぐる混乱について、明快に説明しているサイトが少ない
ようなので、書いておく。

■輸入食品中の「Cs-134+Cs-137の濃度」については、以前から
「旧ソビエト連邦チェルノブイリ原子力発電所事故に係る輸入食品中の放射能濃度の暫定限度」
として、すべての輸入食品に対して 370Bq/kg と決められていた。

この値に決まられたいきさつは、こちらに説明がある。
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-01-04-07

ICRPの公衆に対する線量限度 1mSV/y に対して十分小さい値となるように考慮された
ものであり、かつ、ECのチェルノブイリ指令
(幼児食品・牛乳・乳製品で370Bq/kg、その他の食品で600Bq/kg)
の小さい方の値にそろえるように決められたようだ。

■一方、今回の「暫定基準」は、原子力安全委員会「原子力施設等の防災対策について」
の「防災指針における飲食物摂取制限に関する指標」を踏襲したもので、
飲料水・牛乳・乳製品で、200 Bq/kg、野菜・穀類・肉・卵・魚・その他で、500 Bq/kg
と決められている。

こちらの計算法は、本文中にリンクを示したが
「誘導介入濃度の飲食物を1年間摂取し続けたときに、介入線量レベルの線量に被ばく
するとする。ただし、飲食物中の放射性核種は物理学的半減期に従って減少するとする。」

ここで、介入線量レベル=預託実効線量で5mSvで、5つの食品カテゴリーに1mSvづつ
割り当てて算定している。

■つまり、もともとあった 370Bq/kgの輸入制限基準は、チェルノブイリ事故の長期にわたる
影響に対して、平常時に十分影響が小さくなるための値として定められたのに対し、

今回の暫定基準は、放射能事故発生時の、緊急時の基準値として、健康への影響が十分
小さくなるように(預託実効線量で5mSv)定めたもので、成り立ちも目的もまったく違う
基準なのである。

この事情は欧州でも同様で、EURATOMの基準(緊急対策の基準)
(幼児食品 400Bq/kg、牛乳・乳製品 1,000Bq/kg、その他 1,250Bq/kg、飲料 1,000Bq/kg)

と、チェルノブイリ指令(長期対策の基準)
(牛乳・乳製品・幼児用食品 370 Bq/kg、その他すべての食品 600 Bq/kg)
の2つの基準が存在している。

■あくまで私見だが、今回の事故では、セシウムの影響は長期に及ぶことが明らかなので、
再度基準を見直した上で、根拠についてきちんと説明するべきだと思う。

今回の暫定基準は、欧州のチェルノブイリ指令よりも、厳しい基準にはなっているが、
福島及びその周辺に住む人にとっては、汚染された食品を摂取する割合が高いはずなので、
「欧州より厳しい」というだけでは安全性の根拠にはならない筈である。

■被ばく対策に「平常時」「緊急時」「事故終息後の長期対策」を分けて考えることは、こちらの
原子力安全委員会「放射線防護の線量の基準の考え方」
http://www.nsc.go.jp/info/20110411_2.pdf
に示されている。

しかし、政府もマスメディアも、こうした対策の使い分けについてほとんど説明しないために、
無理解と混乱が広がっているのだと思う。

 
TUP (4/16) 「牛乳や飲み水、そして空気中からも放射性物質を検出――アメリカは安全なのか?」
http://www.tup-bulletin.org/modules/contents/index.php?content_id=935

こちらによると、米国環境保護庁(EPA)の、飲料水における放射性ヨウ素の
最高汚染基準値は、3ピコキューリー(pCi)/L = 0.111 Bq/L とのこと。

EPA "Safe Drinking Water Act (SDWA)" の
National Primary Drinking Water Regulations
http://water.epa.gov/drink/contaminants/index.cfm
によると、
β線、γ線源(Beta particles and photon emitters)として、
4 mrem/y = 0.04 mSv/y と決められている。

これを、核種ごとのLあたりの水質基準に換算する表がこちら
Derived Concentrations (pCi/l) of Beta and Photon Emitters in Drinking Water
http://www.epa.gov/ogwdw/radionuclides/pdfs/guide_radionuclides_table-betaphotonemitters.pdf

この表より、I-131の水質基準は 3 pCi/L = 0.111 Bq/L となる。

 
「食品の放射性セシウムを減らすためのアドバイス」 (4/12 ブログ「スウェーデンの今」)
http://blog.goo.ne.jp/yoshi_swe/e/4cda1e7e0658e2cf443d9a153b785f7f

スウェーデン政府によるアドヴァイス。
福島周辺で自家消費する場合など、汚染が心配な場合は有用なのではないだろうか。

Hello! ccdddea interesting ccdddea site!

 
NHK (4/20) 「放射性物質について、日本の水の安全基準が海外に比べて緩いのでは?
         という疑問について検証したいと思います(藤原記者)」
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/600/79272.html

藤原記者:
水道水についてですが、これまで日本独自の安全基準はありませんでした。
現在使われている「指標」は、厚生労働省が今回の原発事故が起きた後、
食品の暫定基準を参考に独自につくったものです。

国際的な基準としてはWHOの水道に関するガイダンスがあります。
WHOの基準では、ヨウ素131=10ベクレル/リットル、セシウム137=10ベクレル/リットルとなっています。
日本ではこれまで各地域の水道事業者がこのガイダンスに基づいて独自に検査を行うなどしていました。

これに対し今回の原発事故後に厚労省が通知した指標は、
大人は放射性ヨウ素で300Bq/リットル、乳児は100Bq/リットル
放射性セシウムについては暫定基準値の飲料水と同じ、200Bq/リットル(大人と乳児の区別はありません)

この数値は大きいように感じます。しかし、実はWHOの基準は平常時を想定した値です。

WHO自体がガイダンスの中で、原子力事故が起きた場合、事故直後から1年間は
IAEAやWHOの緊急時の基準を使うこととしています。
(ヨウ素131では乳児を想定して飲料水で100ベクレル/kg)

食品や水の安全基準は元々、非常に厳しく作られます。食品や水は日常生活で誰もが
心配なく口にすることを前提にしているからです。これは放射性物質でも変わりません。

ただし平常時は「限りなくゼロに近づける」ことが目標で、非常時は「健康に影響が出ない
レベルを維持する」というのが目標となります。
日本も事前に緊急時の基準を用意しておくべきではなかったのか、今後、検証が必要です。

 
朝日新聞 (4/21) 「食品安全委、ウラン・プルトニウムの指標づくり検討」
http://www.asahi.com/national/update/0421/TKY201104210442.html

 食品中の放射性物質が健康に与える影響をめぐり、食品安全委員会の作業部会が21日、
新たな指標づくりに向けた評価の検討を始めた。これまで食品安全委では議論していなかった
ウランやプルトニウムの影響も調査。7月をメドに答申をまとめる。

 福島第一原発の事故による放射性物質の放出を受けて、厚生労働省は原子力安全委員会の
指標値をもとに暫定基準を設定。そのうえで、食品安全委に対し、食品中の放射性物質が
健康に与える影響の評価を諮問した。

 食品安全委は、すでに野菜などから検出されている放射性ヨウ素や放射性セシウムについては、
暫定基準の妥当性にお墨付きを与えたものの、ウランやプルトニウムによる影響の議論は
先送りしていた。今回の作業部会では、こうした点に加え、遺伝による発がんの可能性や
胎児への影響についても検討する。

 この日の初会合では、食品安全委の小泉直子委員長が「国民の関心も高く、緊急を要する案件。
できる限り早く委員会に結果を報告いただきたい」とあいさつ。医師や研究者ら19人のメンバーから、
山添康・東北大学大学院教授を座長に選んだ。

 メンバーからは「食品からの被曝(ひばく)量と大気なども含めた総量との関係は国際基準では
どうなっているのか」「緊急時と平常時では考え方が違う。今回はどちらを議論すべきか」などの
論点が提起。次回以降に方向性を整理することになった。(小林未来)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559283/51254612

この記事へのトラックバック一覧です: 米国FDA 「食品における放射性核種のガイダンス基準」とその導出:

« 地図とグラフ: 韓国における口蹄疫の流行(その7) 3/9~5/9 | トップページ | 震災後東京日記 4/4~5/8 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ